嘘をつかない販売員5

こんばんわ。

寒いですね。

道路が氷結してて、すべって転びました。


さて、今回は

『お取り寄せしましょうか?』

という言葉。


気になった服のサイズ、色がない…

先月見た服がない…

そんな時、よく言われる言葉ですね。


意外と、取り寄せる、という形になるとお断りしちゃう場合が多いのではないでしょうか。


買わなきゃなのかな〜

そこまで気になってないのにな〜


とかもろもろあると、思います。

そこで遠慮しちゃうし、手間かも…とか考えますよね。


この時、販売員としては、ご用意出来なかったので、ぜひご用意させて頂きます。

と、いうような気持ちがほとんどです。


そんな時は気軽に取り寄せてもらいましょう。

必ず買わなきゃいけないというルールがないことがほとんどです。


目で見て着でみないとわかりませよね?


もし厳しそうならお断りをするよりも、買わなくても良いか確認してみたら良いと思います。(ほとんどOKだと思いますが…)


また、お店側として、モノがない。

というのはお店側としては、提供するサービスが出来なかったというお店都合の問題ですので、基本は快く受けてくれるはずです。(かと言って我儘放題はだめですが)


なので、欲しいものがあったら頼んでみたら良いです。

商品が来た時、ウェブではついてこない素敵な接客も体験できます。


ということで、

皆さん買い物を楽しみましょう。



それでは。